熊本市の助成事業

熊本市では、太陽光発電助成事業の一環として、住宅用の再生可能エネルギー等利用システム設置に対して補助制度を実施しています。
該当するシステムは、太陽光発電システム、太陽熱利用システム、エネファーム、エコウィルです。
太陽光発電については、一般社団法人太陽光発電協会(J-PEC)から交付される
「住宅用太陽光発電導入支援補助金」の交付対象となるシステムである事が条件になります。
この事業は、これらのシステムを導入した一般住宅に対して、その設置費用の一部を補助することにより、普及を促す事を目的としたものです。
予算総額は4,780万円で、予算の一部には宝くじの収益金が利用されています。
太陽光発電の補助額は、1件につき5万円です。
他のシステムも含めて、申し込みが予算額を上回った場合には、公開抽選が行われます。
抽選はシステムごとに行われ、その合否は申請者全員に通知されることになります。
なお、申し込みが予定数に至らなかった場合には抽選は行われず、全ての申請者に補助金が支払われることになります。
この補助制度は、熊本で行っている再生可能エネルギー等利用システムと同種のものに対する補助を受け取っている場合には対象外となります。
ですが、これとは別に、国や熊本県で行っている太陽光発電システム導入に対する補助制度は合わせて利用する事が可能になります。
申請は各システムにつき1人1件のみが対象で、市役所の環境課に必要書類一式を準備して持参または郵送します。

This entry is filed under 設置助成金について.