熊本市ではじめました

お隣宮崎県では太陽光発電がかなり盛んに行われているのです。
やはり日の光が多い県だからなのでしょう。
前知事さんの頭も光っていましたが。
それは、あまり関係ないのかも知れません。
その宮崎県に比べ私の住む熊本県熊本市は、この太陽光発電が遅れていると思っていました。
ですがさすが一昨年の東日本大震災の後には、この太陽光発電に切り替える家庭も多くなったように思えます。
それは屋根の上にソーラーパネルが乗ることで、太陽光発電にしたのだと判るのです。
家の屋根にソーラーパネルが乗ると「あ~、あの家も太陽光発電、オール電化にしたんだ」と思うのです。
そして昨年秋、我が家もこの太陽光発電の家にしたのです。
それは、家を新築したことからこの太陽光発電も設置出来たのです。
熊本県は、暖かいようで冬はかなり寒い日も多いのです。
そんなことから暖房費に余計な費用もかかってしまうことから、この太陽光発電にすることで、費用を抑える計画を立てのでした。
家が出来てすぐ冬になってしまいました。
ですからまともに発電出来ている日は、ありません。
ほとんどゼロに近い日が多いのです。
電気工事屋さんは、心配することないと言います。
他の皆さんもキチンと実績が上がっているのですから、一年を通して数字を見て欲しいと言われるのでした。
自分としては、10年くらいで元が取れれば良いと思っているのですが、虫の良い話なのでしょうか。
昔は、20年と言われていたようですが、今は半分でと言われる時代になったのですから。

This entry is filed under 熊本と太陽光発電.