熊本での太陽光発電

自分が熊本に暮らしているので、興味のある太陽光発電について調べてみました。
やはり、得をして設置してよかったと思わせてくれるのは、ソーラーパネルに余計な負担をかけることなく、効率よく電気を作り出せる気候が一番大切であることが分かってきました。
ですから、我が熊本での太陽光発電はどのような按配なのかを、調べてみたと言うわけです。
基本的に、ソーラーパネルに日がよく当たるほうがいいのは当たり前ですので、その点では十分にクリアしていると言えるでしょう。
冬は寒くなるものの、阿蘇のような山間部の特殊な気候の場所でなければ、夏の間に雨が集中するくらいで、冬には雪も少ないですし、平均してお天気が悪く、太陽光を効率よく浴びられない日が続くと言う事はありませんですからね。
そして、気温における高低差もソーラーパネルにとっては大きいと言う話ですが、先に書いたように、熊本は冬になると寒いですが、夏に本州でよくあるような猛暑日もほとんどありませんし、天草のほうならば季節による差も小さく、余分な負担をソーラーパネルに与えてしまう事もなさそうです。
ちなみに、少し書いた阿蘇のほうも、降水量は多いものの夏は非常に涼しく、この地域でも気温の高低差を気にする必要は無いでしょう。
熊本の水道水は、全て地下水で賄われている事から分かる様に、自然と共に生きる県といえます。
そんな場所で、環境に配慮したエネルギー発生方法である太陽光発電を導入するのも、悪くないでしょう。

This entry is filed under 熊本と太陽光発電.