阿蘇市でシステムを設置することにより期待できる環境保護効果

太陽光発電システムやソーラーパネルを製造する製造メーカーは、地球環境の保護や将来を担う次世代の人のために環境に負荷を与えない商品を広く普及させたいという企業理念に基づいて事業を行っています。
太陽光発電システムを阿蘇市で販売する販売代理店や工務店も、地球環境の保護という高い理念を抱いています。
地球環境の悪化、温暖化現象や大気汚染は地球レベルで深刻化しており、九州や四国、本州の西部には中国大陸から風により流れてくる汚染された空気による健康被害も報告されており、阿蘇市でも市民レベルで環境保護の意識が高まりつつあるでしょう。
阿蘇市で太陽光発電システムの設置を考えている方は、地球温暖化現象や年々悪化する大気汚染等の問題に、個人レベルで行動を起こす事がわずかではあっても地球環境の保護につながり、良い影響を与える事になるという崇高な理念をお持ちの方が多いのではないでしょうか。
地球の環境を守り、次世代に住みやすい地球を残していくには、個人レベルでの高い環境保護の意識や具体的な行動が何よりも大切になってきます。
個人の住宅に太陽光発電システムを設置(平均的な発電システムとして3.5kwの発電システムと仮定)すると、一年間でだいたい3500kwの発電を想定できます。
3.5kwの太陽光発電システムを自宅に設置する事により、平均的な家庭が排出する1年間の二酸化炭素排出量の50パーセント以上を削減できるのです。

This entry is filed under 環境保護と太陽光発電.